追悼・日野原重明先生。的な記事。

去る7月18日、聖路加国際病院名誉院長・日野原重明先生の死去が報じられた。

謹んでご冥福をお祈りしたい。

 

私も、学生の頃、日野原先生の著作を読んで、感銘を受けて社会へ出た人間の端くれだ。

看護師として、「社会」に出てみて…。

決して、日野原先生の著述活動を悪く言ったり、その価値をおとしめたりわけではないのだが、

先生が繰り返しおっしゃったような、生命の尊厳性や患者第一主義をこの現実社会に実現させるためには、まず現状のクソ多忙な医療現場や福祉現場の現実業務をもっと効率よくこなす、回転させるようなスキルや才能が不可欠なのだ。

まあ、これ自体極論ではあるのだが…。それは置いておいて。

どこからかこんな声が聞こえてきそうである。

お前さー、

そういうスキルとか才能があきらか足りてない分際で、たとえば日野原先生の仰るような理念とか理想を高く掲げるなよw

…なんていう揶揄をしてくるような(医療内外の)人間を思いっきりディスってやりたいというのが、

本記事の目的なんです(笑)

(ごもっとも、こんな記事にしてしまって、日野原先生にはたいへん申し訳ないですが…)

 

とりあえず、上記のような意味合いのことを言える人間に、これをはっきり言ってやりたい。

【てめぇの食(は)む分の草がたまたま多かったことが、そんなに自慢か!?この豚が!!】

きつい言い方だが、本音である。

遠回しにでも、手前自身の「スキルや才能」は現実に対して十全なんだ。

なんていうことを自慢げに述べることができるような手合いは、しまいには屠殺されて、卸肉にされる手前の足元も見えてないまさに【家畜】としか思えない。

 

日野原先生が仰りつづけていたような言葉が必要不可欠なほど、

それほどこの世の現実は【不完全】だ。

お前の持ち物、持ち味の何が十全であるか?

果たして自分自身がスキルとか才能とかに恵まれていることを自慢げにのたまう場であろうか?この世は?

このあたりの、【疑問】や情熱を、意のあるところを、少しも理解しないような他人との関係性は、もうこの場で切れてもいい。むしろ切れたほうが自分の精神衛生上良い。

ぐらいに感じている今日このごろである。

 

でも、何年かたって、そういう理解がわるいような人間が、「患者」になって病院へ入ってきたりするんだよなー

こんなこと言ったら、日野原先生には大変申し訳ないこと承知で言うが、

そもそもいい死に方できないことが自業自得の家畜みたいな人間が結構いるのが、この社会の現実なんだろうなー

…もうこのぐらい強い調子で、そういった人間との関係は遠慮願いたいというのが、正直願うところであったりする。