コミュニケーション、生きづらさに関する思考まとめ②

前回の乱文をもう一度整理してみよう。

 

kagurazaka0314.hatenablog.com

 「生きづらさ」のほとんどはコミュニケーション欠陥の問題。

多少、世間的なコミュニケーションを無視してでも、自分らしく生きるということはどういうことなのだろうか?

結局「自分らしい」生き方や道を選ぶなどということは、社会的なスキル、広く世間に認められる魅力、ふさわしい環境や機会などの要素がすべてそろった上でしか可能でない。

そういった要素に恵まれた人たちの真似をすることは、実際にはあまり有効でない。

皆が同じような要素に恵まれているなどということはありえないからである。

ここからスタートし、

「コミュニケーションが下手だとか思う人は、思ったことを疑問にして投げかけて行く力をつけていくべき。人と齟齬がおきるのではないか?という疑念を減らしていくべき。「自己への信頼」を高めて行くべき。」

この言葉の意味合いまでを今回は述べたい。

 

 

「自分らしさ」って、そんなもの出すのか出さないのかはさじ加減でしょ?

なんていうむきももちろんある。

しかし、そもそも「生きづらさ」を抱えてる人間がその「さじ加減」を実現しようとするならば、3重の努力になってしまう。

何が3重か?

まず、何としても社会で「ふつう」に生きていく能力を欠けなく身につけなかればならない。

次に、「自分らしさ」なんていうよくわからない難しいものを確立できていなければならない。

さいごに、「さじ加減」つまり、さまざまな場面に臨機応変に対応できる自分を確立しなければならない。

 

ちょっと待って、3重努力とかじゃなくて、社会人ならこんなことはできて当たり前なんじゃないの?

って思われるかもしれない。

敢えて言いたい。

これを「当たり前」のようにできる人間は、能力、魅力、環境、機会に恵まれた人たちなのだ。

「生きづらさを抱えている人間」の世界はこれほどまでに、(身も蓋もない言い方をしてしまえば)恵まれていない。

 

これでは、「自分らしさ」などと言うと何か、恵まれない人種が世間に背を向けたものか何かのように偏りをかけて考察しているような印象を受けてしまわれるかもしれない。

 

それではここで、「自分らしさ」「その人らしさ」というものを少し別の視点から眺めてみよう。

その人「らしさ」の内容とは、その人間の意思のありようであり、選択の基準となっているものの総称であると言えないであろうか。

これを元に、やや単純化して考えると、「自分らしさ」とは、以下のように物事を考えていけば担保されてくるものではなかろうか。

①人間、全ての人に好かれようとすることは不可能であり、逆効果。ならば、自分のことを嫌いになる人間はどんな人間なのか明確にして回避していったほうがよい。

②自分自身の他人から批判を受けやすい部分を知る。

③批判を受けやすいような部分をあえて自分からさらけ出す勇気を持つ。

④そのさらけ出した部分がきっかけで開始したり、深化した対人関係を大切にしていく。

 

③④の内容など、ただのきれいごと絵空事に感じられるかもしれないが、

「自分らしさ」の確立などといったことは、そういったチャンスや環境に「恵まれる」ことに他ならないというのが持論である。

私はすでに、

「コミュニケーションが下手だとか思う人は、人と齟齬がおきるのではないか?という疑念を減らしていくべき。「自己への信頼」を高めて行くべき。」と述べた。

チャンスや環境に恵まれて、どうにか「自己への信頼」が高まった状況こそ、自分らしく生きることができているということと同義ではないかと思う。

なにも、わざわざ世間的なルール総体に背を向けたものである必要があるものではない。

 

 ――――――続く