僕が看護師をこころざした理由。

まあ、タイトル内容にそのまま答えてみましょう。

志した動機は、
「この自分が、優秀な看護師に成長することこそが、世の中から求められていることだ!」
みたいな、まあ数年前、間違えた概念に捕らわれた結果だと思ってます。(笑)
それなのに、
向いてもいない仕事で、苦しんでるなんて
自業自得じゃね。
むしろ、やってることは、棒給の不正受給だ。
生保とかの不正受給者みたいに、
世の中に一方的な不平不満を言うなんて、
ムシがよすぎるし、みっともない。

確かに、こう言われれば正論でしょうね。

だけど、
そういう批判をするそこの貴方に聞きたい。
例えば、ここにもし、「間違えた概念」に捕らわれた数年前の筆者のような人間が現れたとき、どういった対応をしていますか?
結局、そんな人はキモチワルいから、普通の世間からは排除していくって所が、大多数の答えではないでしょうか?
なんかさ、
そういう、「キモチワルい」人間に対して、
相手に分かるような言葉で、そんな間違えた概念よりもう少し質のいい、
知識とか知恵とかを伝えて行くこともできないなんていうのは、
それこそ大人として「みっともない」。
こんな考えを
これからの時代の当たり前にしていけたら
もうすこし、いい世の中になって行けるんじゃないですかね?

じゃあ例題。 
時事ネタだけどw
アイドルのイベントで発煙筒燃やすような馬鹿に、何をどう説明したらいい?w
うーん、なかなか前途多難な問題ですね。ww